2012年 08月 09日

  縄文海進

東京湾が関東平野の奥まで広がってる下部の俯瞰図、『縄文海進』と呼ぶ六千年ほど前の首都圏です。
海水面は3メートルほど現在より高くって、東京の新名所・スカイツリーも海の中に立つことになる。
点々と散らばる貝塚の発掘から、『縄文海進』は昭和年代に証明されたらしい。
七万年前に始まる最終氷河期には、海水面が激しく上下した。
その上下を落ち着かせて、現在の地球の形に整えたのは氷河から溶け出して量を増した"海水の重み"。
海底地盤が海水の重みで沈下して現在の水面の高さに落ち着いたらしい。
知りませんでしたね~。
海底が沈下しなければ、関東平野は『縄文海進』時代の形のまま。
釣り人には天国みたいな地形だけど、徳川家康は幕府を開いたかな~?
水軍は持ってなかったし・・・・・。
d0007653_931548.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-08-09 10:42 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/16597000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-08-09 11:00 x
地盤沈下が無かったら と考えると面白いですね。
三年まえに民主党政権にならなかったらどうなっていたのかな、とふと思ってしまいました。
Commented by molamola-manbow at 2012-08-10 08:26
ようやく自民党政治から足を洗えると思ったんですけどね~。
鳩山切って、小沢も切って、もう一度小さな党からやり直し。
その時こそ期待です。


<< 麻布・善福寺の逆さイチョウ      再びゴンチャローフの日本渡航記 >>