Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 10日

麻布・善福寺の逆さイチョウ

d0007653_714510.jpg地下鉄南北線の麻布十番駅から西に出て、ちょっとした寺町風情をかもし出す一角で『善福寺』と出合った。
空見上げても雲突く大木の気配は感じられませんでしたが、境内に東京一の巨木があるお寺とし、ファンには知られてます。
前を通ったらには入らねば
巨木には礼を尽くさねば!!

樹齢七百五十年以上、幹周りが十メートルを超える公孫樹の老木、『乳根(ちちね)』と呼ぶ気根が、それたもうニョキニョキと垂れ下がって、それぞれ1メートルを超える
『逆さ公孫樹』の名前の由来、コノ乳根の姿から来てるんですね~。
残念なのは主幹がないこと。
本堂が焼け落ちた昭和二十年(一九四五年)の東京大空襲で、この公孫樹も痛めつけられ焼け焦げた。
主幹が折れたのはこの時でしょうか?
それでも枝、葉の勢いはすばらしく、大きく横に広がって素敵な日陰を作ってますから一見の価値あり。
一度焼けても「コノ勢い」を感じます。

アメリカの初代領事タウンゼント・ハリスの顕彰碑も境内にあった。
初代領事館は伊豆半島の先っぽ下田・須崎半島の付け根にある『玉泉寺』だとばかり。
三年弱で麻布の『善福寺』へと、居を移したんですね~。
d0007653_8293796.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-08-10 08:34 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/16603821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-08-10 09:14 x
イチョウといえば はい 銀杏 消毒も無く安心、安全な食べ物ですね。

今朝は、ナデシコジャパンの表彰式に少し呆れました。JOC会長自らのメダル授与に殆どのナデシコ娘がどこかの方へ向き、私語をし、ピースをし・・・スポーツは礼儀を重んじないのですか。 私は古い?
Commented by molamola-manbow at 2012-08-11 08:29
五輪の熱狂振り、TV、新聞報道を眺めていると、スポーツの行く末に不安を感じます。
好きなスポーツを余暇に楽しむ!
『アマチュアであること』はひとつの誇りだったのですけどね~。
すべての五輪選手は、いまやアマでは居られなくなって、アマチュアスポーツの祭典とは掛け離れてしまって、参加選手も、競技役員も、IOCの役員も、現代の貴族集団になっちゃった。
仕事放り出して、365日、練習に打ち込まないと記録は伸びない、大会に参加できない。

スポーツは生活に余裕のある貴族社会から発達したのだから、元に戻っただけ!
これでいいのでしょうかね~?


<< 石榴 柘榴、ザクロ        縄文海進 >>