Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 24日

給食センターのお仕着せ料理

d0007653_715234.jpg昨今の民宿、何処に泊まってもお仕着せの料理を食わされるようになっちゃった。
見た目は悪いけど味は絶品の船盛りとか、新鮮魚の一匹丸ごと煮付けとか、採り立てトマトやキュウリとかを、もいだばかりの姿で出すとか・・・・・。
今は給食センターから配達された料理を食わされるから、何処に泊まろうと一緒です。
かたくなに旧を守って、海女あがりの女将さんが孤軍奮闘してる民宿だって無い訳じゃあないが・・・・・。
一番不味いのはサザエの壷焼きだね。
市場には出回らない小粒な物ばかりだから味は幼いし、何よりも冷凍物だ。
d0007653_7172366.jpg焼き網の上で身をくねらせる大振りなヤツに、タダ醤油をたらすだけ。
ワタが崩れないように引き出してそのワタ毎ガブリ
餓鬼時代にそんなの食って、「お金を稼げるようになったらたらふく食おう」と心に決めた友がいる。
一度だけ「もういい」と、腹をさすり出すほど十分に願望を満たしてやったサザエ好きでさえ、一口食って後は手をつけない。
伊豆半島一円に名を売ったベテラン海女が女将の定宿も、かなり前から給食センター物だ~。
そろってサザエには箸を付けようとしないから、サザエご飯となって再登場します。
流石にご飯は炊きたてだし、避けて食らうことできないほど切り刻まれてるし・・・・・。

                美味しいサザエご飯の炊き方、知ってますか?
                肝臓でしょうかね~、真っ赤な色した米粒大を丹念に取り除く。
                たったこれだけで違いが出ます。
                雑味が消えて格段の味になる。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-08-24 07:32 | 酒・宴会・料理


<< 下田の喫茶店・邪宗門      豊穣の海 >>