Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 03日

折りたためるんだ、コイツ

リュックの中から引っ張り出して、釣友がコイツ(↓ ↓)をヒョイと頭に乗っけたのは、去年のゴールデンウイークでした。
「ソレいい、何処で買った?」と即座に反応して、釣りから帰ると駅前の百円ショップへと足を運んだ。
あちこちにチエーン展開してる百円ショップです。
山積みされてると思っていたのに置いてない。
d0007653_862960.jpg
磯釣りの同好会に入っておいでの皆さん、ワッペンとかユニホームとか帽子とかをそろえて、それはもう、とっても誇らしげに身に付けておいでです。
『新宿魚業協同組合連合会』。
名称はとっても仰々しいのですが、我らの『新魚連』には、な~にもない。
売れっ子じゃあないデザイナー作のワッペンが一度配られた筈ですが、遥か昔の事だから忘れ去られてしまってるし・・・・・。
そんな訳で、麦藁帽ならぬ、畳表で作った一個百円也の"イグサ帽"、夏の新魚連"の制帽にぴったりじゃあないかと。
とってもかさばる麦藁帽の欠点もコイツには無くて、ペッタンコに折り畳めてポケットにも収納できる。
皆さんと同じように、誇らしげにコイツをお揃いでかぶって磯に立ったら・・・・・。
「アツ、あれは新魚連の猛者たちだ」と、一目瞭然になったりしてネ。
カンカン照りの夏の磯、『新魚連』は敬遠して、今じゃ決して立たなくなりましたが、ゴールデンウイークの釣り場、ほとんど紫外線の強さは真夏と同じだし、石鯛のシーズン秋磯の太陽も限りなく強い。

そんなこんなの百円帽、釣友が買ってきて呉れました。
欠点は、内側に銀紙なんぞを貼り付けちゃったこと。
去年のゴールデンウイークに見たときは付いてなかったよな~。
わざわざ照り返しを強めることはね~だろう。
第一、これじゃあ一番の特徴、風通しが無くなるじゃあ~ね~か。
鋭意、銀紙を剥がし中です。
制帽化は、剥がし終わって一度テストしてからですね。
 d0007653_845623.jpgd0007653_9311975.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2012-09-03 09:54 | 潜り・磯釣り・海


<< 期限切れの血清が効いた      夕張メロン >>