Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 04日

期限切れの血清が効いた

致死量の毒を持つ『セアカゴケグモ』にかまれて病院に担ぎ込まれた老婦人、救ったのは期限切れの血清であったらしい。
治療にあたった医師、「この緊急事態だ。期限切れの血清だって打たないよりはまし。多少の効力は発揮してくれるだろう」と、エイヤッと決意して患者さんに投与した。
d0007653_7143786.jpg
イロイロと考えさせられるニュース(三日)でした。
期限切れの非常用ビスケットをバリバリやるのとは違う。
スーパーの食品売り場には期限切れの食品を廉価で提供するコーナーだって設けられている。
でも、今度の場合は新鮮であるコトを命とする血清です。
期限切れには副作用の心配もついて回る。
お医者さんの「エイヤッ」には、相当の決意が必要であったでしょう。
血清の有効期限は先月の十日まで。
有効期限には、一ヶ月ぐらいの幅はあるんでしょう。
お医者さんの決意には、そんな判断も働いたのでしょうが、やはり勇気ある行動です。
同時に、怖さも感じる。
貧弱な医療体制への不安もありますし・・・・・。

致死量の毒を持つ豪州原産の『セアカゴケグモ』が日本で見つかったのは一九九五年です。
その時点で数千匹が確認されて、「数世代は繁殖を繰り返していたに違いない」と推測された。
それなのに期限切れの血清しかないなんてね。
長く伸ばした糸を風に流して、ソイツに乗って遠くまで移動するのが蜘蛛、生息域は最早、日本全土に広がっているでしょう。
初めて発見された関西から、今回事件を起こしたのは早鞆の瀬を跨いだ福岡ですもの。
駆逐はできない生物だから、新鮮な血清は何処にでも常備されていなきゃあね。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-09-04 07:15 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   伊勢のしんぎょれん      折りたためるんだ、コイツ >>