Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 20日

ハテ、何んだろう?

d0007653_7113215.jpg
d0007653_7123338.jpg最初にカメラを近づけてパシャリとやった時は、コイツ(← ←)の幼生かな~と思ったりもしたのですが・・・・・。
『ショウリョウバッタ』、必要以上に頭が長くって、草むらから飛び立って逃げる時、「キチキチキチ」などと鳴いたりするので『キチキチバッタ』とも呼ばれているヤツです。

逃げないはずでした。
死んでると判って手のひらに移して観察すると、ナガ~イ後ろ足もないし、蜩(ヒグラシ)のような透き通った羽を持ってる。
しかも、角度によってキラキラ光って結構きれいなお化粧、最近はとんとお目に掛からなくなった玉虫の親戚筋みたいにも見える。

クーラーに封印を施した夏、窓を開け放して寝ていたから、明かりを慕って飛び込んで、布につかまったまま息絶えたらしい。
全長2ミリ弱、お彼岸だと言うのに幼虫じゃあ時期的にも合いませんから、この大きさで成虫なのでしょう。
餌は吸うのか、噛むのか、口元ぐらいは調べておきゃあよかったのに、もう後の祭りです。
d0007653_7454993.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-09-20 07:51 | 犬・猫・蛙に動植物


<< 一番のお気に入り、『きなり』の一夜      個展を二回も、戸塚武は巨匠だね >>