Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 24日

悪口、言い放題の夜

d0007653_621742.jpg
何時も真っ先にトマトを頼む。
アンチョビ・ソースに完熟品を漬け込んで作るらしい。
たっぷりと掛かった、ピリリと舌先にくる辛味と塩っ気のソースも残らず飲んじゃいます。
トマトは餓鬼の頃から大好きな野菜です。
今でも毎日食ってますが、初めて知った「こんな食い方もあったんだ」の品。
もう一店、同じメニューを出すところもあったので、結構ポピュラーなツマミなのかもしれませんが・・・・・。
昨夜は祖師谷大蔵の居酒屋・『魚店(いおだな)・きなり』に、入店は初めての女性を二人誘った。
そ~して、何時もつるんで飲んでる共通の男の悪口を言いたい放題で次々に。
「そうそう、アノひと・・・・・」な~んて、次々に相槌が返ってくるから、それはもう、盛り上がっちゃって。
きっとクシャミの連続であったに違いない夜です。

d0007653_6562294.jpgd0007653_6564485.jpg
キスの昆布締め(↑ ↑)も目からウロコの一品でした。
小さなカラダをしてるのに、遥か遠くから確実な魚信を送ってくれる投げ釣りの獲物、釣りにはまったのはその健気な魚信でしたので、今までにそれはもう、タ~クサン食らってきた。
見た目は美しいし、刺身にしてもとってもきれいなお魚です。
でもね~、淡白すぎて天麩羅だと醜いメゴチやハゼに軍配は上がっちゃうし、糸造りも手間隙だけのかかる味、透き通ってとってもきれいなお造りになりますけど・・・・・。
「そうか~、切り身を昆布の上に乗せる手があったか~」
手前がそのキス、後方はホウボウの同じく昆布絞め。
両方食べ比べて、ともにおいしく頂きましたが軍配がキスの方でしたよ。
釜揚げシラスのクキ山葵合え、こちらもピリリが素敵なアクセントです。
チェーン展開の居酒屋みたいに廉価ではありませんが、近頃まれなイ~イお店、何を食っても旨い。

玉に瑕は、時折り子ども連れがカウンターに座ること。
居酒屋だけど寿司も握るお店だから、忙しかった主婦が晩飯を食いにくる。
静かに食らって帰って行くのですが、隣にだけは座ってほしくない。
居酒屋は大人のお城ですものね
[PR]

by molamola-manbow | 2012-09-24 07:17 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/16869674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-09-24 07:37 x
きすの昆布締め、ほうぼうも、初めて聞きました。私はもっぱら普通にひらめを昆布締めにしますが、普通ではつまらないですね。

いとよりの味噌漬けは十八番。冬の鰆の味噌漬けも美味しいです。
こちらでも、釣った魚と網の魚の鮮度がわからない人がおります。
漁業関係者は魚ばなれ世代に苦労しています。
Commented by molamola-manbow at 2012-09-25 07:36
ワタシの一番の好物はヒラメ、こいつの昆布締めさえあればな~にも要らない。
ちょっとぐらつき始めたのは、釣り上げたシマアジの刺身を食らったときだったでしょうか。
40センチほどの小ぶりな獲物でしたが、滅法旨くて!


<< カワハギを食らいつつ・・・・・      未だ高級魚 >>