Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 18日

玄界灘から

千葉の富浦湾から長崎の大村湾に嫁いだセーリングクルーザー、HAYASHI-42 original から壱岐焼酎が届いた。
「オ~イ、壱岐~対馬クルーズだよ」の誘いを、「引越し準備の真っ最中だから」と断ったオイラには、更なる悔しさの追い討ちとなる品です。
林艇・『HINANO』の長崎回航、コチラから大勢の助っ人クルーが加わって以来、いまだに親しく付き合う間柄です。
声が掛かると飛んでって五島クルーズなどに参加してる。
「せっかく声を掛けて貰ったのに・・・・・」の今回だったのです。
「行けない」と断った引越し準備、遅々として進まなくて、壱岐島の焼酎を眺めていると悔しさがつのるんです。
「留守にしても、何一つ障害は起こらなかったな~」
d0007653_7153818.jpg
壱岐島の焼酎といえば麦です。
ルーツをたどると、「縄文の時代から作られていた」みたいなことまで言われてる。
大陸との行き来、魏志倭人伝にも記述されている重要な中継地、酒飲み文化もいち早く伝わったのは間違いない。
縄文時代の方の真偽は、定かじゃないけど・・・・・。

その焼酎、「チクショウッ」と思いつつ眺めてて、来週の『陸酔い会』に持って行こうと決めた。
HINANO』の旧メンバーの集いです。
「会場はメキシコ料理店だよ、焼酎はないよ~」みたいな呼び掛けでしたが、アチラのお酒・テキーラも一ランク下のメスカルも焼酎の仲間です。
作る材料が竜舌蘭だと言うだけですもの。
「一本だけ持ち込みを許せ」と断って、メキシコvs日本の焼酎対決を実現させねば。
アチラ、メキシコでは、『グサーノ』なる芋虫を肴にチビチビとやる。
イナゴの佃煮にも手をだしたことがないのだが、持ち込みを許してくれるようなら、率先して『グサーノ』を食ってもいい。
参加できなかった悔しさを、『HINANO』の仲間と共有すれば、何分の一かに軽減されるだろうし・・・・・。

                 玄海の海の青さを味わえず我れ泣きぬれてチュウとたわむる
[PR]

by molamola-manbow | 2012-10-18 08:51 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/17012640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 幽霊の正体見たり薄ら馬鹿      新種の生き物だ~ >>