Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 30日

回航中のKoKoLoから その1

写真は今年のKENNOSUKE CUP でのスナップ。
この三人にプロの回航屋さん二人が加わって、千葉・木更津港から神戸まで、いま日本列島を西下中のHaiibery Rassy-31、艇名・『KoKoLo』です。
ヤ~ダネ~、羨ましがらせようと、逐一mail を打ってくる。
早朝五時過ぎに出航(二十八日)の初日は下田泊り。
長らくお世話になったヨットの主治医・ABS(油壺ボートサービス)に立ち寄ってオッコちゃん(社長さんです)に挨拶できたことを「嬉しかった~」などと。
「事前にサヨナラの挨拶はしてるだろ。定年を機に故郷に帰ることは随分前に決めてたことだし、五月にはメンテナンスで訪れたし、その後だって・・・・・」
初日の天候、昼過ぎから冷たい雨が降り始めましたから、ニヤリとして「キット、凍えていやがるぞ」な~んて考えたりして。
d0007653_11485616.jpg
下田発の二日目はピ~カンの石廊崎を7ノットで越え、遠くにかすむ富士山の写mail を送りつけてきた。
「逆潮に逆らって7ノットね~」と、すぐに疑いの目を向けちゃう。
こちらも都落ち準備の真っ最中に、良い風、良い海、クルージング日和の報告ですもの。
d0007653_9375491.jpg「チクショウ」と思うから即座に打ち返した。
フィリピンプレートが列島の下に潜り込んで、溜まりにたまった駿河湾のヒズミ、そいつの真上を行くんですものね。
「ドッカ~ンと来ない様、祈ってるからネ、怖いね~、こわいね~、油断大敵だぞ

もっとマシな写mail (⇒ ⇒)を送ってくればいいのに。
オイラの住まい、小田急線のホームからだって、もう少しマシな富士山が遠望できるんだ

続報(am09:50)が入りました。
ナイトクルーズになった遠州灘越えは、マックス37ノットの強風にもまれたらしい。
本日の目的地は和歌山の南端・串本だから、直線400キロを揺られまくったことになる。
前言翻して可哀想、チョッピリですけどね。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-10-30 09:39 | ヨット


<< KoKoLoの回航その2      再び探査開始 >>