Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 31日

KoKoLoの回航その2

  最岸側を行く先頭が『KoKoLo』、ヨットデザイナー林賢之輔先生からの一葉(十五回記念のKENNOSUKE CUP)。
d0007653_922256.jpg
d0007653_11492554.jpg 四人の走者がトラックを一周づつして競う陸上競技の1600 リレー、昨今ではあまり聞かれなくなりましたが、『マイルリレー』とも呼んでいた。
メートルとかインチとかの単位としての1マイルには、9.344メートル足りない距離のレースです。
1609,344メートルより長い1マイルもある。
船と飛行機の世界で使う『海里』、こちらの数字の1海里は、もっと長くって1852メートル。
数字を忘れちゃったら「カレンダーを見ろ」と教わった。
この配列の一桁(⇦ ⇦)、面倒な数字ですから乱暴に2キロで計算しちゃいますけど・・・・・。

    海は広いな大きいな~ ですものね。

紀州半島の最南端・串本を目指していたKoKoLoの回航三日目(三十日)、「エイヤッ」と串本港を横目にその先まで船足を伸ばしました。
ヤダネ~関西人は、「周参見港到着18;00、風呂に入って、食事中」などとmail して来るんだ。
周参見(すさみ)なんて地名にお目にかかるの、初めてですよ。
読み方だって地図を調べて判ったんだ。
d0007653_1347340.jpg台風が接近してくると必ず登場する串本町・潮岬の西30キロ弱、ほんの少し大阪湾側に回り込んだところにありました。
「そんなところ、関東人に判るかよ!」でしょ
文句はここまで。
                                     
頑張りました
マキシム37ノットもの強風の中を下田から周参見まで、ノンストップで35時間50分も揺られたのですから。
周参見港接岸の午後六時、関東では月の出の頃になりますが、関西ではまだまだ薄暮です。
「行っちゃえ」、「行きましょう」と船脚伸ばしたのでしょうね~。
余裕が生まれた分、寄り道をすることにしたのでしょう。
本日は03;00時出航で徳島に立ち寄るんだといいます。
大鳴門橋の真下に浮かば大毛島・ケンチョピア(海の駅)が本日の係留地、渦潮を越えれば最終目的地の姫路市郊外・網干(あぼし)ボートパークは目の前です。  
09;30現在、「ケンチョピアまで18マイル」だと言いますから、大胆計算で串本~周参見間の距離まで来てる。
その四時間後(⇒ ⇒)、再びmail が入って13;20分、ケンチョピア接岸です。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-10-31 09:44 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/17085970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< すき焼き      回航中のKoKoLoから その1 >>