Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 17日

吊るし柿

d0007653_7232348.jpgこの時期に旅をすると、鈴生りの実をまとった柿の木が畦道とか、丘の中腹とかに放置されてる光景をよく見掛ける。
西に傾いた夕日など浴びてると、それはもう綺麗でう~っとり。
同時に「カラスのなすがままかい、勿体ね~」と、食い意地も働きます。
世の中のドライフルーツの中で、オイラのチャンピオンは干し柿
即座に答えられるほどの柿が好きです。
好きになったきっかけは鹿児島の盆地で過ごした小学生時代でしょう。
学校の隣に白壁めぐらしたでっかい屋敷の級友が居て、お昼休みになると誘うんです。
「イッド(行くよ)
漆喰土塀の蔵の軒下に、高々と吊るされてる柿暖簾目掛けて、途中で拾ってポケットに忍ばせあった石コロをぶつける。
漆喰土塀、石コロの角が当たれば傷つくはずでしたけど、お構いなしにつぶてを投げて、よく食らってました。
怖いオバ~ちゃんに見付かって怒鳴られやしないかのスリル、アノ旨さにはドキドキ感も加わっていたに違いない

藁束を叩いて柔らかくし、三つ編みにしてく荒縄、最近ではとんと見掛けなくなりましたが、その藁目にT字型に切ったヘタを突き刺して縦に吊るす。
干し柿のことを吊るし柿と呼ぶ地方のありますから、縦干しにするコノ方法から名づけられたに違いないと。
横に張ったロープに柿のヘタを差し込んで行くのだって、吊るすことに変わりはありませんけど。
その小学校時代を思い出して、縦に吊るしてみた。
等間隔にそれはもう綺麗に幾重にも幾重にも吊るしてたおばあちゃん。
三つ編みロープの編み目が硬いこともありましたが、なかなかそうは行きません。
柔らかい藁製の荒縄、この時期になると欲しくなるんです。


d0007653_75651100.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2012-11-17 08:09 | ホビー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/17179587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 獅子座流星群      暇乞い >>