Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 08日

東海汽船、毎度のことながら腹立たしい

磯場へ、両手に荷物をぶら下げた最後尾を行くヒト、内田ちゃんといいます。
磯案人じゃあありません。
単独で式根島に通っていて、正月とゴールデンウイークに出掛けて行くと必ず定宿に鎮座しているお客さん、四半世紀ほどの付き合いになり、磯の突端まで昼食を届けてくれたりもするんだ。
「快適な釣りをしてもらって、また式根島を訪れたもらおう」などと考える島の村長さんとか、観光協会の会長さんとかを探し回っても、内田ちゃんの上は見つからないであろうイ~イ人、何時もお世話に成りっ放しです。
d0007653_9304483.jpg
比べて、社員全員に内田ちゃんの爪の垢でも飲ませたいのが東海汽船、乗客の頼みごとには爪の先ほども応えようとしない体質の企業です。
切符の半券を切って乗せ、その半券を受け取って下ろせはすべてのサービスは終わり。
そんな考えしか持ってないから、出来るだけ船員とは話さないようにしてる。
伊豆七島航路を独占し、島に渡れないから釣りの際だけ使ってる。
競争企業が現れれば即、そちらに乗り換えちゃう船ですね。
今回はやむなく船内のインフォメーションを訪れて、声を荒げちゃいました。

「タバコ置いてる?」
「その先、自動販売機」と、座ったまま、顔も上げずに指で指し示します。
taspoがないから訊いてるんだよ。オイラのような客のために置いてないのかい?」
「ありません、それなら買えません」
座ったままで、ろくすっぽ顔もあげない対応だから「人が物を頼んでるんだ」と声を荒げて、「オマエさん脚なんぞ組んで対応してるんじゃあないだろうな」
そのあとも、日本人の気遣いを説き、サービスとは何であるかを説き、「君達の誰か、持ってるだろう、借りてこい!!
その応答は「イエ、あれは人に貸すものじゃあ、ありません。tasmoは国の政策ですから曲げられません」ときました。
「そうか、立派な企業だからお国の決め事はキチ~ンと守るのね」と質しておいて、「じゃあ、尋ねる!!
細工がしてあるのか、古い自動販売機を探してきたのか。
年に何度も乗りますからね~、ビールにウーロン割りなどお酒の販売機の方はコインを放り込めばガラガラ~ンと出てくることを知ってるんです。

伊豆七島の生活航路でもありますから、大株主には東京都も名を連ねているんでしょう。
定員無視のギシギシ輸送に何時でしたか、石原都知事が噛み付きました。
「人間を豚なみ輸送か
乗客一人につき、約一畳分のスペースが与えられたの、アノ"豚なみ"発言からですよ。
どなたか新航路をスタートさせないかな~~~~。
[PR]

by molamola-manbow | 2013-01-08 10:37 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/17584312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 梅地 at 2013-01-10 00:47 x
東海汽船の対応の悪は確かに目に余るときがしばしばありますね。
中には丁寧な船員もいるんですが、残念ながらそうではない人間のほうが多いような気がいたします。さて、このときの船員の対応は残念なほうではありましたが、タスポを貸し借りすることは認められていませんね。そして、1月6日の日記にありますがあおさのり、岩のりともに口開けは7日からでした。島の方々も我慢して口開けを待っています。一部例外の方もいらっしゃいますが・・・。説得力に欠けてしまいますので、守るべきところは守ったうえでの発言をしてくださると気分良く読むことができますので何卒宜しくお願い致します。


<< 小田原の籠清      頂きました自家製カラスミ >>