Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 11日

今朝の日の出

今朝の日の出です。
神奈川県の西の外れ、真鶴に移り住んで二ヶ月余り、水平線から昇る太陽を見たのは初めてじゃああるまいか。
何時も、水平線には漂う雲があって、その雲を割って昇ってた。
今朝もスカッと雲がとれてるわけじゃあないんですが・・・・・。
画面の左、こんもりとした樹木の左右にかすかに浮かぶのが房総半島、その右端に洲崎灯台があって、東京湾に出入りする船舶に睨みをきかしてるはずなのに光は確認できません。
光をさえぎる障害が何処にあるのか・・・・・。
d0007653_8412630.jpg
真鶴半島のこちら側には真鶴と岩の漁港がふたつ。
全国津々浦々に点在する2,900超えのあまた漁港のABです。
そこから漁に出た漁船がたった一隻とは寂しさを通り越した海のように見えます。
西風が吹きまくった三が日はいい骨休みになったのでしょうが、好天、微風のこの漁日和に海にはたった一隻だけだなんて。
季節的には獲物が減るのに、お正月の海は大いににぎわうものでした。
寒風に身をさらす心意気と、初漁の獲物に一年を占うんです。

列島の海で漁を営む沿岸漁民のみなさん、オイラが考えてる以上に数を減らしているに違いない。
正月三が日が明けると、港は空っぽにになって、海にはビッシリと漁船が並ぶものでした。
目に焼きついてるお正月の海、そんな光景ばかりで、働き者の代名詞みたいなのが漁師さんでしたもの。
沿岸からお魚が消えて、代わりに増え続けてる定置網。
全国の定置網の数、調べちゃあいないけど漁港の数に匹敵するぐらいは備えられているはずですよ。
沿岸を通過して行く回遊魚を狙って、その通過する時期に合わせて網を設置する。
そもそもの定置網の狙いはココにあったと思うのだけど、今じゃあ一年中設置して、そのまま置きっ放しです。
これじゃあ沿岸の魚は取り尽くしちゃうね。
漁に出ても商売にならない沿岸漁師さんの数が減るの、当然の成り行きだな~。
[PR]

by molamola-manbow | 2013-01-11 09:39 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/17602146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<  次は節分      お叱り >>