Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 19日

お客さんと出会わないお店

d0007653_8595953.jpg
お寿司屋さんのカウンター前のショウケース、ウロコ付きがそれぞれ、乱暴に放り込まれてて、注文があると捌きにかかる。
そのウロコ付きの皮目、結構干からびたりしてて、見た目からは新鮮度を疑っちゃうんだけど、握りも刺身も美味しいんです。
真鶴駅の改札口から、二番目に近い『福寿司』さん。
d0007653_9535599.jpgお目当てはアカヤガラの刺身だったのですが、港に揚がらなかったらしい。
地魚オンリーのお店、お寿司屋さん定番のマグロなんかは置いてない。
焼酎のお湯割りなど注文して、ショウケースの中を品定めして「コレな~に」と、でっかい切り身を指さした。
「アンコウです」(→ →)
口ばっかりの顔にグニュグニュした巨体、ショウケースには入りきらないものね。
刺身は初めてだから頂くことにした。
表情を見て悟ったらしい。
「お気に召さないようですね、マンボウと同じ味ですか?」
一緒に入った連れには勧めたのに、箸を付けなかった暮れのこと、覚えていたらしい。
食わしておいて「味、ないだろう?」みたいなことを言った覚えもある。
食感はコリコリしてて光り輝く艶を持った方のマンボウに軍配、比べてアンコウは二度目の注文はない食感、やっぱり鍋物の具なんだ~の味です。

ブリがほんのりと赤い(↓ ↓)以外は、ウマズラハギ、カサゴ、ホウボウ等々、み~んな白身の地魚にぎり。
色彩に乏しくて見た目地味なんだけど、味は保証のお店、四回入って四度ともお客さんゼロがちょっと心配です。
d0007653_951373.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-01-19 10:05 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/17649440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 売れすじ      ギョッ >>