Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 06日

昨日の駅・根府川

d0007653_1021654.jpg
お猿さんの国の鉄チャンが電車を見に来る『根府川駅』、釣りだ潜りだと通い始めた時代から、不思議に思ってたことがありました。
「何処に川はあるんだよ~?」
一本だけ細流は存在します。
ゴロタの石浜の、その石の下へと潜り込んで消え、海へ流れ込む注ぎ口すら定かでないような白糸川です。

図書館で郷土史家・田代道彌氏の著書を拾い読みしていて、根府川の地名の由来、「ひょっとすると『根深』だったのではないか」とする記述と出合った。
根府川駅の真下の海、昔はもっとドッカ-ンと落ち込んでいて、その崖下にはオーバーハング状の深い深い海底洞窟が口を開けていたんだと言います。
サザエ、アワビの潜り漁を生業にしていた海女のオバアチャンからの聞き取り調査です。
「潜っちゃったらヨ~、上がってこれね~穴だ~」
つまり、フカ~イ根のある場所、『根深』が根府川に変化したのではないか。

大正十二年(一九二三年)に起こった関東大震災は、丁度入線してきた十両の列車を根府川の駅舎ごと海に落とした。
巨大な山津波は海を埋め、飲み込んだ百余人の遺体も上がらないままだといいます。
現在は五メートルにも満たない浅い海が沖まで広がっていて、"根深"の面影は何処にも無いのですが・・・・・。
現在の駅舎から百メートルほど小田原に寄った場所に、慰霊碑が建っていることを知りました。
何度も潜っている海です。
一度尋ねなければなりません。
d0007653_10212029.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-02-06 10:35 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/17775073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<  メシャム=海泡石        コレ、ド~コだ >>