Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 28日

  ヤドリギ

葉を落としたケヤキの大木、東海道線の車窓からもこの季節にはクッキリと見える小田原城のヤドリギです。
『宿木』の漢字を充てますが、樹木じゃあないですね。
盆栽に仕立てられたコイツ、30 センチと離れていないところから眺めた記憶があります。
細長く伸びた茎の先に柳に似た多肉植物的厚ぼったい葉っぱ、確か黄色い実も付けてた。
オヤジが種から育てたんだそうで、熱心な観察に応えて友人いわく、「実が熟したら持てってやるよ」
そのままになっちゃってる中学時代の約束です。
d0007653_6545411.jpg
間もなく半世紀になるんじゃあないでしょうか。
何処かのチョコレート会社が始めたバレンタインチョコ、いまや一大ムーブメント化して国民的行事になっちゃってる。
似たようなブームを引き起こす要素、ヤドリギにもあります。
落葉樹が多くって、丸裸になっちゃう樹木が多い北欧辺りの言い伝えでしょう。
冬枯れの木立の中で目立つ存在へと変わる緑色の球体、コノ真下でキスを交わしたカップル、幸せになれるんだそうですよ。

同級生のオヤジにも種から生育出来たヤドリギボールです。
簡単に育てられるのでしょうから、天井にヤドリギを飾ったお店を作ったり、小さなボールに仕立てて売り出したり・・・・・。
そのウチ、誰かが仕掛けるかもしれません。
[PR]

by molamola-manbow | 2013-02-28 08:33 | 犬・猫・蛙に動植物


<< 旧の根府川駅      サクラが開花 >>