Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 06日

海からの戴き物

d0007653_6255242.jpg
相模湾の一番海側を通る西湘バイパスが更に西へと伸びて、海岸道路は真鶴新道~熱海ビーチラインと続きます。
そのバイパスが真鶴半島の付け根部分へと潜るトンネルの西側出入り口の辺り、大層居心地の良い平坦な磯が広がっていて、釣り仲間の一人にはココで潜り方を教えた。
ソヤツの最初の獲物、二股に分かれた銛の股の間に魚体を通して、傷ひとつ負わさずに捕まえたスバシリ級のボラでした。
「上手になったら頭を狙え、胴体に傷をつけなくてすむ」と教えた、その上を行っちゃったから以後、「オイラは銛漁の名人」だと言い張って止まなくなった。
偶然の出来事だったのですがね~。
ココでの潜り方修行、初めて着けたシュノーケルの要領が判らずに、あの塩っ辛い海水を何度も飲み込んでむせ返っていたんだ。

初出漁には失敗したワカメ拾い、コノ磯でゲットです。
d0007653_833936.jpg今月の大潮は来週の火曜日、磯はもっとあらわになって、南風に海が荒れてくれれば両手に余るほどのワカメが打ちあがるのでしょうが、春を楽しむにはこの程度で十分です。
せっかく海辺の町に引っ越したのだから、季節毎に海からの頂き物を楽しまなければ
熱湯を通さずに、このまま頂きます。
鮮やかな緑色へと変ったワカメも悪くはありませんけど、茎の部分は細かく切って、同量の納豆と混ぜちゃいます。
ヒラヒラ部分はそのままサラダに加える。
どの様にして喰らってもワカメの常識が変るほど柔らかいんです。
こちらに引っ越して頂いた海の幸は、アオサ、ワカメと海草二種類。
磯辺からヒジキの採れる場所だってあるはずだ。
伊豆半島の先っぽ、下田郊外にはヒジキの密集する穴場を知っているんだけど・・・・・。
d0007653_85942.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-03-06 08:05 | 潜り・磯釣り・海


<< 真鶴のモアイ像      今日は啓蟄 >>