Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 23日

  ツバメさんが飛来した

d0007653_634457.jpg
d0007653_6305915.jpg車窓から何時もキョロキョロしていますが、まだご尊顔を拝したことはない。
『エサをやらないでください』などと言うヤツもぶら下がっています。
関東大震災では列車が駅舎ごと海に落ちて、いまだ海の底に埋まったままの『根府川駅』、ホームからの眺めは遥か房総半島までの駅です。
崖際に建っていて片方は海を真下に、もう一方からは山の迫る駅、その駅舎の入り口の待合室にコンナのが張ってあったので、見上げると子育て中の前段階、壊れちゃった巣を修復中でした。
昨日(二十二日)の午後です。
神奈川県の西の外れで見た今年最初のツバメさん。
d0007653_631204.jpgきっと桜の開花同様に今年のツバメさん達の飛来も早いんじゃあないかな~、と想像したりするのですが、どうでしょう?
かつて、飛来中の彼らを海の上で眺めたことはあります。
今にも落ちちゃうんじゃあないかと心配になるほどヘトヘトに疲れた固体も混じる小さな群れ。
天下一品の飛行術を備えた鳥に向かって、「頑張れ、ガンバレ、もう少しだ」と、念じたぐらいにヘトヘトでした。
ヨットのラット(操縦桿)を握る手に止まられて、体が硬直しちゃったヨットマンがおいで。

目撃者も居るんだから、決して「ウソつけ~」の話しじゃあないのですが、気持ちとしては「ウソつけ~」
飛来中のヘトヘト・ツバメの群れ以降は「有り得る話し」だと考えを変えました。
草臥れてマストトップで休もうとするんだけど、揺れ動いてなかなか止れない。
海ではそんな鳥とも出合います。
[PR]

by molamola-manbow | 2013-03-23 09:29 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/18403294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 春は万遍なく      ミカンとサクラの競演 >>