Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 19日

  海からのお客さん

d0007653_8314644.jpg
江の島を10;00 に発って、20 マイル西の真鶴入港17;00 の三人組(十七日)、「久し振りにオイラと逢うのがそんなに嬉しいのかい?」みたいな顔を揃えていますけど、この表情には別の意味があったようです。

d0007653_8321525.jpgホームポートを後にした際は風速8 メートル程度であったらしいのですが、西に向かうにつれて風は上がり、間断なく18 メートルもの突風に見舞われ続けた入港であったらしい。
うねりも突風もほぼ真正面、でかいヨットなら左程ではなかったのでしょうが、乗船は25フィートでしかありません。
ベテラン・スキッパーですので早めに縮帆しましたが、七時間も叩かれ続けての入港です。
クタクタに草臥れ果てて、ようやく静水面の真鶴港に着岸できてホッとした表情が加わった笑顔なのです。
クッキリと飛沫の跡のへばり付くメガネに、ズシリと重いずぶ濡れの合羽が悪戦苦闘の七時間を物語ります。
船名・『OmOO 』が江の島でもやいを解いた頃、真鶴の海はコンナ(↓ ↓)でした。
「絶好のセーリング日和」と打電したのに返電なし。
入港予定時を知らせたきたのは三時を回った頃でしたので、コックピット上は大忙しの七時間であったに違いない。
カンパ~イとやって、飲み足りないオイラを残して、早々に寝ちまいました。
d0007653_8352519.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-04-19 08:41 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/18577781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   素敵な拉致監禁      失せモノいずる >>