Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 12日

空き巣の木

d0007653_6274798.jpg
久し振りに眺めると、見事なまでに変身してた。
秋になって実が生れば、もっとハッキリするのでしょうが、この特徴的な花、栗の木ですね。
梢の天辺にカラスの空き巣がひとつ。
春先に見た時は葉を落としてて、その空巣(カラス=↓ ↓))だけが目立ったのに、今はすべてを覆い隠して花、花、花です。
カメラの倍率を上げて、「確かアノ辺りに在った筈」だと探しましたが、巣を見ることは出来ない。
近寄って下から見上げれば判るのでしょうが、蜜柑畑の真ん中への侵入は遠慮しなければ・・・・・。

山襞がそのまま海へと落ち込む地形、巣を掛ける樹木など探し回る必要がないほど緑に囲まれている土地、背景の山は奥箱根の芦ノ湖へと続く。
それなのに何故にこんな場所に巣を掛けるのか?
店先に巣を作るツバメとか、軒下のスズメほどじゃあないけれど、カラスも人間とは付かず離れずで生活したいらしい。
      カラス何故鳴くの カラスは山に 可愛い七つの子が居るからよ~
と童謡は歌いますが、昔から山より里近くで営巣していたに違いない。
d0007653_8471459.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-06-12 08:59 | 犬・猫・蛙に動植物


<< 芥子坊主      台風3号の上陸前に >>