Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 23日

青空がのぞいて・・・・・

「クチバシの黄色い癖しやがって」などと使ってました。
『青二才』、こちらも同じ意味を持つ、死語に近い日本語になっちゃった。
そのクチバシの黄色い、経験不足の未熟者、餌をくわえて帰る親を待ってました。
3メートルほど離れた別の電線にも二羽。
自由に空を駆け巡る様になるまで、親は食い盛り五羽の面倒をみなくてはならない。

クチバシの黄色い野郎達、今はバタバタバタと、ツバメらしくない羽ばたきを繰り返してその飛翔距離10メートル弱、秋には海を越えるまでになるんですよね~。
d0007653_9195980.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-06-23 09:35 | 犬・猫・蛙に動植物


<< 晴れた梅雨の日曜日        同居してます >>