Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 30日

真鶴のゲボゲボ岩

一枚岩の広い岩盤が広がる岸辺から、5 メートルと離れていない磯際にチョコンと頭を出してる岩礁、周囲の海は2 メートルほどの深さしかない。
真鶴半島の付け根を串刺しにして反対側へと抜ける有料道路・真鶴新道トンネルの小田原側出入り口近くにあって、半島の東側付け根の岩漁港側から容易に入って行ける。 
このちいさな小さな岩礁、『ゲボゲボ岩』と言います。
国土地理院のお役人さんも、地元の漁師さんも「ご存知あるめ~」の名前ですが・・・・・。
d0007653_6103073.jpg
「水面に顔をつけたままで呼吸のできる優れものだよ」などと説明して、シュノーケル初心者に"潜望鏡"を貸し与えたのが名前の付いた由来です。
泳ぎは達者だし、マスク潜水も出来るし、市民マラソンの先駆大会・青梅の常連でしたから抜群の体力の持ち主、「そんな便利器具があったのか~」と、一休みのオイラ達を残してザブーン。
潜水しばし、海面に顔を出すと同時にあわてて小岩にへばりつきました。
気を取り直してもう一度海底へ。
浮き上がると同時にまたもや小岩にへばりつきます。
「水面に顔を出したら、肺の空気を一度吐き出す
大声で指示を与えた後もシュノーケルの中の海水を上手く吐き出せずに、岩につかまって「ゲボゲボゲボ」
牛乳瓶一本ぐらいの海水は飲んだんじゃあないでしょうか、「オマエはバカか」などと悪態をつかれながらです。
そんな訳で、仲間内では『ゲボゲボ岩』で話しが通じる岩なんです。

見た目とか、通称とかで名前は出来て行きますよね。
真鶴半島の突端に突き出して観光客を集めてる『三石』、正式名の『笠島』で呼ぶ人は居ませんよ。
炭鉱として栄えた長崎の無人島・『端島』の名では「ンンッ?」みたいな怪訝な顔をされても『軍艦島』なら納得します。
真鶴・岩漁港沖のコノ岩礁、名前が無いんだから、『笠島』や『端島』よりも素早く『ゲボゲボ岩』で一般化するかも~、な~んちゃって。
[PR]

by molamola-manbow | 2013-06-30 08:12 | 潜り・磯釣り・海


<<   嫌われモノの蛾ですが・・・・・      正真正銘の梅干し >>