2013年 07月 02日

無人の海開き

d0007653_7424488.jpg
昨日は真鶴・岩海岸の海開きでした。
岸壁の迫る片側は、上から落ちてきた岩石で適度に埋まって磯遊びに最適な深さ、反対側は小さな漁港と接しますが、浜は家族連れに打って付けの遠浅で、一軒だけですが海の家もあります。
まだ店内に椅子もテーブルも運び込まれていませんでしたが・・・・・。

有線放送の「今日は、岩海岸の、海開きです」につられて出掛けて見た写真集、見事なまでに空っぽです。
周辺環境は自然が残って、町田、藤沢の二都市を貫いてドブと化した境川が流れ込む湘南屈指の海水浴場とは違います。
六月最終日の日曜に海開きをすればよかったのに・・・・・。
d0007653_7522496.jpgd0007653_7524149.jpg
世界遺産・富士山頂の昨日は、雲間から赤い矢が走るのも拝められて、しめでたし目出度の山開きとなったらしい。
『木花開耶姫』、女性が御神体の山ですよね。
それなのに女性による第一号登頂はイギリスの公使夫人にさらわれました。
男装して隠れて登る日本女性が現れるのは江戸も晩期の天保時代、女性禁制の解かれるのはさらに遅れて明治五年(一八七二年)まで下らなければならなかった。
山の多く、神と崇められてきたから、聖域を犯すことになる登山に山開き行事が付属するのは古来からのことだったのでしょう。

比べて海開きは便乗ですよね。
サザエ、アワビにイセエビの解禁、アマちゃん人気のウニ等々の、解禁日に合わせた浜開きや磯開きの、極内輪な行事はありましたけど・・・・・。
                      こちらは海側からの眺め
d0007653_7554075.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-07-02 08:00 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/19138735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 正常なのはどっち?        嫌われモノの蛾ですが・・・・・ >>