Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 10日

  初めて確認、センダイムシクイ

特徴的な鳴き声から、名前は幼児の頃から知っていても、目で確認するとなると難しい小鳥、世の中にタ~クサン居ます。
昨日はその一匹をカメラに収めることができた。
ホーホケキョのウグイスに似て、極めてユニークにさえずるから、聞き分けるのはやさしい。
でも、九州ですごした幼児期、四六時中鳴き声は聞いていたものの姿は見ていない小鳥です。
見ていても名前が判らないから"まとめて小鳥"で片付けられてた大勢組の一羽、と言った方がより正しいでしょうね。
d0007653_8171121.jpg
「ショウチュウイッぺ、イコ」とか、「ショウチュウ イッペ グイッ]と聞こえるらしい『センダイムシクイ』、次に姿を見ても見分けられる自信はありませんが、さえずってくれさえすれば、五万の小鳥の中からでも指させるヤツです。
焼酎王国、鹿児島人にはたまらない小鳥、「焼酎一杯(イッペ)いこ」とさえずりつつ、木々の間を飛び回る。
関東人には何と聞こえるのだろう?
そういえは『センダイムシクイ』じゃあなくて、『センデムシクイ』と呼ばれてた。
最後の発音、イが跳ね上がるんだ。
[PR]

by molamola-manbow | 2013-07-10 08:32 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/19234104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 二度目のエギング      路傍の飾らぬヒト >>