Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 11日

二度目のエギング

d0007653_7163692.jpg
真鶴半島には、陽が西に傾き始めるとすぐ日陰になっちゃう磯があります。
冬の釣りでは凍えますが、季節は「今でしょう
そんな訳で半島の東磯、"釜の下"を目指した。
烏賊の形をした餌木を放り投げて、甲烏賊に抱きつかせる釣り、エギングへの挑戦ですから短竿一本の軽装です。
持参の餌木は少しも烏賊の形などしてないヤツ、ハンコでも彫ろうかと取っておいた象牙製です。
ボーンカービングなどしてた頃の名残の品に、掛け針二本を付けただけの餌木まがい。
「甲烏賊類は見境なく、何にでも抱きつく」からと、自己暗示を掛けつつの釣行ですね。
d0007653_7453866.jpgd0007653_7492669.jpg
入った磯は当初予定と違った。
目指す磯より遥かに入り易い道路際、「ここだって後一時間もすれば日陰になる」と読んだ、磯の上に地元産の小松石を積み上げた簡易堤防です。

その小松石の隙間にスマホを落としちゃいました。
腕を突っ込んでも指先すら触れられません。
潮は押し寄せ始めていて、一刻の猶予もない。
その難しい釣りに挑戦して、見事吊り上げました。
感謝しなければならないのはストラップ、棒っきれの先の針に引っ掛かってくれたんです。

で、「スマホが釣れるならイカだって」と、即座に手製から市販の餌木に取替えたら・・・・・、釣れましたよ。
ホンダワラに生みつけられた甲烏賊の卵、引っ掛かっただけですが。

産卵にきた甲烏賊に銛先を向けたら、背後から「ダメ~ッ」と黄色い声で叫ばれて、銛を納めた友人がいる。
背後から叫んだ黄色い声の主も友、あれは八月のお盆過ぎの出来事だったから、たっぷり一ヶ月早い産卵です。
「食ったらうまいかも」と思いつつ卵は海へ。
「ダメ~ッ」の声がやはり背後から聞こえましたもので。
海水温は20 度超えの様相だし、烏賊の産卵は早いし、狂い始めてる地球を実感の一日です。
釣果ゼロの日でも、と言うよりエギングはこれが二回目で、まだ一度も本体を釣り上げたことがありません。
d0007653_85244.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-07-11 08:30 | 潜り・磯釣り・海


<< 名前はOpihi        初めて確認、センダイムシクイ >>