Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 17日

夏祭り近し

d0007653_9235042.jpg
夕日が山並みの陰に姿を消して、薄暮が支配する世界に変わり始めると、しばらく前から笛に太鼓に鐘の音が聞こえてくるようになった。
真鶴・貴船神社のお祭り(二十七、八日)は、三大舟祭りに数えられる国の重要無形民俗文化財だし、お隣り湯河原・素鵞(すが)神社の例祭(来月一日)は神奈川県の同じ文化財指定。
祭りの規模は小さいし、全国的に見れば「エッ、ソレな~に?」なのでしょうが、日々の練習は熱心です。
d0007653_1082485.jpg海沿いを走る国道135 線を山際に反れること五十メートル強、急な石段の上からピ-ヒャララが聞こえてきたので「一体誰が?」の好奇心、上ってみるとやってました。
大きな太鼓はひとつしかなくて、バチで空太鼓を打ちつつ順番が来るのを待ってます。
練習会場を四角く囲んでる孟宗の青竹は小太鼓の代わり。
もう少し時間が経てば、この席もグルリ満杯になるのでしょう。

浅草の三社祭も、佃島・住吉神社の三年に一度の大祭も、「来い」の誘いは何度か受けたけど、興味が沸かずに行かず仕舞い。
京都も、博多も、阿波も知らない。
でも、この雰囲気はいいね。
コノ石段の上(↓ ↓)、素鵞神社の境内でいいものを見ました。
樹木越しに初島の浮かぶ伊豆の海が見えて、遥か彼方には大島が横たわって・・・・・。
d0007653_1025113.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-07-17 10:30 | 今度は地元真鶴


<< 小田原に地方都市の典型を観た      相模の海と伊豆の白波 >>