Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 07日

トカゲの楽園?

d0007653_6185892.jpg
東海道線の車窓にドッカーンと海が広がる小田原から西、急にトンネルが増えて海岸線まで迫る山襞(やまひだ)を潜り抜けつつ走るようにもなる。
その山襞が相模湾へと突き出して半島を形成する真鶴は、江戸城構築にも使われた小松石の名産地、石積みの塀、階段、壁、etc がミ~ンナ小松石の街です。
そんな訳で気づくとあっちチョロチョロ、こっちチョロチョロ、石積みはニホントカゲの集合住宅になっていて、姿を見ない日は無いほど大勢住まってる。
それなのに、姿を収めた最初の一枚がコレ(↑ ↑)ではね~。
コチラ(↓ ↓)はムンズと捕まえた一匹。
木漏れ日で縞々模様になって写っちゃいましたが、同じニホントカゲです。

両生類のカエルは、小さくて可愛いアマガエルにさえ体表粘液に毒があって、触った手で目などこすると強烈な痛みに襲われたりします。
すぐに水で洗い流さないと失明の恐れまである生き物なんです。
比べてこちらのニホントカゲは同じ爬虫類のマムシやヤマカガシの様な毒持ちじゃあないし、噛み付く歯さえ持ってません。
青みなど帯びた尻尾と結構派手な黄色い縦線が走るヤツ(↑ ↑)が雄で、地味なのは雌(↓ ↓)、だと思っていましたが、見分けるのがむずかしい生き物らしい。
つまり、派手なのにも、地味なのにも 雄と雌は居るってこと。

何一つ悪さをしない生き物、気味悪られますが、純の字付きの益虫です。
d0007653_8341375.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-08-07 08:18 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/19422676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<  初夏の花だと・・・・・       周辺瞰図 >>