2013年 09月 03日

人形の実、見っけ!

玄界灘に連なる五島列島のひとつに野崎島がある。
野生の鹿が住民を追い出してしまった島、煉瓦の赤が美しく映える小さくて可愛い天主堂が立つ島、すべてが惚れ惚れする様に美しい無人島です。
d0007653_639937.jpg
その無人島で初めて食らった人形の実(↥ ↥)、真鶴でも見掛けました。
名前の由来、コケシからきたのでしょうが、小さな団子二つを串刺しにしたような実、鈴なりとまでは行きませんが一本の木にた~くさん生ってます。
赤い実が紫色へと変わったあたりが食べ頃、ほのかな甘さが上品な果実、あと十日ぐらいでしょうか。

正式名はイヌマキの実、びっしりと葉を実らせる風に強い植物なので垣根に仕立てられたり、庭木として型良く選定されたり・・・・・、随所で見られる樹木なのに、赤く色付く実と出合うのは珍しい。
銀杏と同じ雌雄異株の木、雌株にしか実が生らないためらしい。
それはそれは見事な小田原城のイヌマキの巨木、雄か雌かを確かめに行かねばなりません。
d0007653_945944.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-09-03 09:21 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/19588247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 巨木好き      生殖医療ね~ >>