Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 18日

「巨匠」と呼ぶんだオイラ達、戸塚武写真展

d0007653_22182734.jpg
カメラの世界で頭に浮かぶ巨匠と言えば土門拳、でも、彼の真骨頂は人物にレンズを向けた時だよな~。
では、風景にカメラを向けて頂点は・・・・・?
オイラたちの中での巨匠はコノ左手のオトコ、戸塚武なんです!!

d0007653_8205841.jpg『今日から戸塚武展』、て~んで、初日(十六日)の展示会場は釣り仲間、飲み仲間で立錐の余地なしでした。
本職のシェフ業がお休みで、風景写真界の土門拳さんも口開けから閉店まで、スツールの上においででしたから、それはもう盛り上がっちゃって 
展示会場は新宿ゴールデン街の細い階段を上ったコノお店・『こどじ』。
三度目の展覧会ですから、迷うことなく一番乗りで到着したら、もう作者殿はおいでになっていて、「どう?、少しばかりタッチが変わったと思わないかい?」
「シャッタをー押せば目の前の風景が切り取れる、そいつがカメラ」などと思ってるオイラには、タッチなんて判らないのだけど、お世辞ぐらいは言えるから、「ウ~ン」と唸って、適当な一枚指さして、嬉しがらせる言葉を吐いて・・・・・。
そのうち三三五五、仲間たちも集まって、「あ~、良かった」
作者殿は三三五五組にまた「少しばかりタッチが・・・・・」と同じ質問を投げかけて、答える側もまた「ウ~ン」と唸って、適当な一枚を指さして
入り口に入ったばかりの秋の夜長、そうやって更けて行くのでありました。

何時もカウンター席の端っこに鎮座なさっておいでのこの二人(→ →)、常連客だと思っておりましたが、右手の方は初代の『こどじ』さん。
息子・『こどじ』さんが始めたお店を母親が継いで、今の若い三代目は初代の妹なのか、娘さんなのか?

二次会場は新宿二丁目まで足を伸ばした『青春』(↓ ↓)
若かったママさん、いまやオカマ界の右近の桜、左近の橘ぐらいかな~。
カウンター席の女性は連れですので、念のため
d0007653_8461972.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-09-18 08:36 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/19671751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 学園ポスターのコンテストらしい      「やろうゼ~」と月見の... >>