Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 30日

  言い得て妙

d0007653_7203623.jpg
久し振りにゲットしました。
日曜日に真鶴町の山側を歩いて、「"人形捕獲人"の手もここまでは及んでいなかった」イヌマキの実、それも、青~ピンク~赤、そして紫色に熟して、「今でしょう」の食べ頃のヤツ三十粒ほど。
大量に収穫できたら、ジャムにでもして喰らってみたい希望が叶えられそうな一本を探し当てたのです。
棒っ切れを持って行って、叩き落とさないと採れない高みの実、大の大人が木登りでもないから三十粒でやめましたけど・・・・・。

この形、今だったら、きっと『コケシの実』でしょうね。
東北生まれのコケシが全国区となるのは鉄道網が整備される昭和年代、それもかなり遅い戦後だろうと想像してる。
南国育ちのイヌマキは普通に育つ東北の樹木じゃあないから、お互いに出合う機会がなくて、『人形の実』
これだって言い得て妙のネーミングです。

普通に見掛けるこちらのカナブン、常夜灯を目指して飛んでくる朝の廊下の落し物です。
五、六匹は毎朝、蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ=二十八日)を過ぎた今朝も、同じ数が転がってました。
ガキ時代にはひと夏に三匹は堅かった玉虫の飛来、山襞の迫るこの地に引っ越して期待をしていたのですが、姿をみないまま夏は終わった。
よく似た光沢を放つカナブンを眺めつつの想像、玉虫だけじゃあなくてコイツの羽も使ったのではないかと。
玉虫の厨子です。
d0007653_8374268.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2013-09-30 08:52 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   『酎』の付く熟語・・・・・      夜は眠りに就きます >>