Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 15日

  ミカンのBEST ONE

d0007653_8392227.jpgd0007653_8395086.jpg
神奈川県の西のはずれに位置するここ真鶴近辺、弓なりの海岸線が終わりを告げて山襞が直接海に落ち込む地形に変化して伊豆の山々と繋がって行く。
お隣り・根深川駅のホームには『猿に餌をやらないでください』の注意看板すらぶら下がっている土地、オレンジ色の粒々は間もなく春が巡ってくるこの時期にも車窓から幾らでも眺められます。

d0007653_10353759.jpg猿達はそのオレンジには見向きもしない。
「何を喰らって生きているのだろう?」の不思議、イチジク園を襲ったり、畑を荒らしたりはしているらしい。
一度も出合っていない地元野猿(⇨ ⇨)に、連れ合いは遭遇してるんだよな~。

上の二枚は、「快癒祝い」にと贈って頂いた長崎産、ダンボール箱にドサッの品も、たったこれだけになっちゃいました。
喰いも食ったり、一か月でダンボール一箱
小さくて、しかも不揃いで、まるで見栄えのしないミカンなのに、味はBEST ONE!!、とっても甘いんです。
長崎・大村湾に浮かぶ42フィート・クルーザー『HINANO』の船長さんからの見舞い、ご近所のたった一軒でしか市販されていないらしい。
現代人、味よりも見栄えですから、こちらも見向きもされないんだとか。
真鶴もミカンの産地と地続きですから移り住んでからこちら、イロイロ買い求めてきました。
その結果は、駅正面の元軽食屋さんが何処やらからか仕入れるミカンを一番と決めた。
小さな笊に小分けしてビニールに淹れ、五袋とか六袋とか。
これが売り切れちゃうとお仕舞の品、不揃いなところも長崎のBEST ONEと似てます。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-15 10:55 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/20233608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   知らなかった著者ふたり      新年を寿いで その一号会 >>