Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 22日

 部屋のゴムの木

d0007653_822429.jpgd0007653_8112760.jpg
20085月に使った写真(↑ ↑)の使い回し。
「ドス~ン」はオーバーですが、重い葉っぱですから落ちると音がして、頭の上が落下点となった場合などはドキッです。
併載したのは同じゴムの木の無残な姿に変わってしまった現在の姿。
途中から二股に分かれていて、太さで比較すると主幹側が無残な姿へと変わりつつある方、枝幹側は何ともありません。
切り取ってしまった方がいいのか、春には新しい葉っぱを繁茂させてくれるのか・・・・・。
園芸の方はさっぱりないので、栄養補給にと米の研ぎ汁を水代わりに与えたりしておりますが、落葉は止まるところを知りません。
ゴムの木のためには思い切って切り詰めちゃった方がいいのかもしれませんね~。

小さなティーカップ程度の容器の中から、細い15センチ程の芽が一本だけ。
頂いた当時と比べると驚く勢いで伸びて、一時は天井を突き破らんばかりに天を目指していたゴム、あの勢いは何処に行ったのでしょう?
切り取っちゃう判断、「今でしょう」であっても、躊躇しちゃうんですよね~。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-01-22 09:37 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   ツワブキの花に・・・・・        背中のワンポイントは・・・・・ >>