Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 01日

  三陸の復興牡蠣がドッカ~ンと

d0007653_21304866.jpgd0007653_21341493.jpg
           January、February、March、April と月を数えて、「今シーズンは一個も食わないままで終わっちゃうな~」と考えていた矢先です。
                          岩手の『三陸やまだ漁協』さんからトロ箱二箱の生牡蠣がドッカ~ンと届きました。
                             ‶復興牡蠣”の何がしかのオーナーになっていたこと、忘れていましたね。
                                   アチラの『三陸やまだ漁協』さんでも弱っていたらしい。
                                     幾ばしかの復興資金を送ったものは東京から。
                       神奈川の西端に引っ越しちゃいましたから、復興なった牡蠣を「何処に送ればよいものか?」と。
                          そんな訳でR の字が付く最後の月が始まる直前になって、何処よりも遅く届きました。
                                    お手紙に曰く、「生食は遠慮していただけないか」。
                       殻を割りながら、「オイラ、牡蠣には遠慮しない口なんだ。生なら ダースは固い」
                    と思いつつも、「腹など壊して新聞沙汰になったりしては、折角の復興牡蠣に水を差す」と思いとどまった。
                         流石に四十個は食べられそうもないので、半分はオイル漬けにして後日の酒の肴用に。
                                   そして割り立ての蒸し焼きを連れ合いと二人でペロッ。
                                          薬味もレモンもナ~ニも要らない。
                 牡蠣の閉じ込めた海の味だけの割り立て、コイツをNO1 とするのだけれど、蒸し焼きだけの単品も旨かった~。

                                   日本の的矢牡蠣、他国の追従を許さない牡蠣の王様だね。
                                                 世界一旨いもの。
                                世界中を食い歩いた訳ではありませんが、自信を持って言えます。
d0007653_22323532.jpg

                                            今週の土曜日まで!(⇩ ⇩)
d0007653_859451.gif

[PR]

by molamola-manbow | 2014-04-01 07:36 | 酒・宴会・料理


<<   桜を写したのじゃあ、御座いません        日の出を見るのは久々 >>