Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 24日

  何とかシジミ

d0007653_8453235.jpg
休息中のシジミ蝶を草叢の中に見つけました。
先月の六日が啓虫蟄戸(すごもりむしとをひらく)で、その十日後が菜虫化蝶(なむしちょうとなる)。
桜前線も津軽海峡を渡って北海道上陸の構えです。
関東一円は葉桜へと移り、糸を伸ばした毛虫がぶら下がってきたりする季節ですから、蝶が舞っても不思議じゃあありません。
シャッターを押して帰ってきのは今年最初の蝶だったから。
そいつを伸ばした写真(⇦ ⇦)を見て、「ンン?ツガッていたのかよ」

小学校時代の理科、モンシロチョウの観察経験によると、生体になってからの寿命は三週間弱であったような・・・・・。
中には生体のまま越冬する種もあるようですが、はかない命に違いはない。
次代に命を継ぐために、早や生殖活動中です。
シャッターを押す時に気付いていれば、もっといい写真が撮れたのに
イヤイヤ、恋の邪魔をしなかっただけ気付かなくてよかったのかも。

生き物の中で人間だけが例外ですよね。
滅多矢鱈と肉体を誇示して街を闊歩するのはメス、いや女性の方だってえ生き物は。
家の中でも尻に敷かれてるしな~。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-04-24 10:31 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/20613293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   荷造り半ば        坐骨神経痛 VS ヘルニア >>