2014年 05月 02日

  ♫ 夏も近づく八十八夜の朝

d0007653_7345881.jpg
久し振りに目にした今朝の日の出、「夏至(来月二十日辺り)の頃には屋根の上から昇るようになるんだったよな~」などと、清清しい気持ちで、移ろい行く自然に目をやっていたかといいますと、さにあらん。
♪ あれに見えるは茶摘みじゃないか~ の歌詞などすぐに頭から飛んで、周囲を眺めて茶っ葉盗人の決意です。

一斉に新芽を噴き出し、葉先だけがヤケに初々しい樹木たちに混ざって、「アイツ等には持ち主がいるのだろうか?」みたいなお茶の木がそこここに放置されたままなので御座いますよ。
そんな中のひとつ、空地を囲む塀代わりのお茶の木群をターゲットにして、一本に付き新芽十枚を失敬しても「すぐに大笊満杯だ~」。
d0007653_837370.jpgそいつでもって支那鍋を使い、自家製の手モミ茶を作ってみようかと。 

蒸しあげたお茶の新芽を支那鍋の上で揉み上げて、上手く丸めあげられるかどうかは未知数です。
五右衛門風呂ほどもあろかというデカイ鉄釜の上で揉んでいたオフクロ手作りの日本茶、ガキ時代に垣間見たアノ手さばきだけが唯一の師匠なんです。

明日からは式根島での磯釣り例会、帰宅後の挑戦になりますが・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-02 08:37 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/20651818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   お魚さんたち、遊んでくれま...        植物の病気? >>