Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 08日

  お魚さんたち、遊んでくれませんでした

今朝(八日)の日の出、五時まであと五分といったところだったでしょう。
太陽さん、一週間でかなり変化しました。
この間、manbow は何をしていたか。
新宿の飲み屋のカウンターで生まれた釣りの同好会だから『新宿魚業協同組合連合会』
名前だけは大層立派と申しますか、大仰と申しますかの″新宿魚連″の式根島例会で御座いました。
d0007653_6152530.jpg
総勢六名の例会、3 の二つに分裂のGW でした。
片や坐骨神経痛、通風、椎間板ヘルニアが出た体の不自由組であり、こなたの三人は健常組です。
磯歩きを遠慮して防波堤から竿を出すことにした三人と、「島に渡って防波堤釣りとは何事ぞ。オイラ達は磯釣りの会だろう」と、普段通りに入磯することにした健常組に分かれたのです。
「島のベスト釣り場は何処の島だって防波堤なんだゾ。沖に突き出した防波堤は離れ磯に渡船してもらうのと同じこと。オメ~ラ健常組と勝負ショウブ~」

d0007653_9282719.jpgその健常組と不自由組の勝負、痛み分けでしたね。
クーラーに入れて宿まで持ち帰り、夕食の船盛りに化けた魚はともにゼロ匹です。
磯組の竿にはデカイのが針掛かりして竿を満月にしならせたようでした。
座布団超えのエイとウツボに、リリースサイズの小メジナ一尾。
数では防波堤組が勝りましたよ。
ヒラメ狙いのブッ込み用、回遊魚狙いの泳がせ釣りの餌として、サビキでタ~クサンの小サバを釣り上げましたもの。
でも、楽しそうだったのは親子連れや青い目の観光客だけでした。
ワーワー、キャーキャーとそれはもう大騒ぎでしたが、我々は小サバの身半分をスパッと喰い千切られた事が一度あっただけ。
来る日も来る日も当たりなしのGW 釣行です。
お魚の写真、撮ったのはこれだけ(➡ ➡))ですもの。

そんなボウズ連続の我々を、日々楽しませ、慰めてくれたのは小学校の同級生だという、歯科の女医さんと技工士さんのペアでした。
釣り場から戻る度の道具を仕舞ったり、揃えたりの反省会に、缶ビール片手で付き合って呉れて、「ア~ラ、今日もダメだったの~」

毎年二回、島を訪れる常連だということ。
「また会おうね~」を連呼したこと。
そして何よりも我々が色男揃いだと言うこと・・・・・。
また会えるかな~、歯の治療に通ってもいいな~、の魅力的な若い先生二人組(一人しか写っておりませんが・・・・・)だったのです。
d0007653_9551518.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-08 09:58 | 潜り・磯釣り・海


<<   式根島の昔        ♫ 夏も近づく八十八夜の朝 >>