Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 18日

  KENNOSUKE CUP 2014

d0007653_038431.jpgd0007653_0404350.jpg
  三浦半島の突端・三崎港の『うらりポンツーン』が17日はヨット・デザイナーの大御所・林賢之輔艇で満杯になりました。
 裏返しの大漁旗になりましたが、読めますよね(⇩ ⇩)、『林賢之輔ファンクラブ』
 こんな大漁旗を掲げる艇も出て、昨日は城ケ島沖で『KENNOSUKE CUP 』でした。

d0007653_0343228.jpg


レース前日までに低気圧が二つ、北関東を抜けて行った。
最後のひとつは、レース当日の早暁であったような・・・・・。
この低気圧に向かって南風が吹き込んでレースは久し振りに白熱した。
いい風を貰ったのは下田の沖根・神子元島を回った2004 年以来のことでしょう。
城ケ島の沖に設けられた20 マイルの三角コースを、全艇は飛ぶように走って、ファーストフォーム艇・『Sun of Bacchus 』などは時間22 分強でゴールです。
時間を切った艇が他に『LEATICIAⅢ 』、『AQUA 』とふたつ。
と艇名を並べたって、部外者には何の事だかチンプンカンプンでしょうが、白熱したレースになった一方で、無念の涙を流すクルーも出たってこと。
今年こそ更なる上を狙おうと、黒潮に逆らって仙台から遠路遥々の去年の準優勝艇・『雪風Ⅱ』は、低気圧につかまって、引き返さざるを得なかったのです。
利根川を前にして踵を返す。
きっと『二十回目の来年こそ』の決意でしょう。優勝艇は西伊豆・小浦から参加の『美如佳』、第一回大会以来、18 年振りの頂点返り咲きです。

d0007653_0405529.jpg
                                          中央でふざけておいでの御仁がひとり。
                                                林賢之輔御大です。
                    目の前に広がる海を越え、明日にでも世界に雄飛したいと思えば、そのままラットを握って水平線の彼方へ。
                             そんな堅牢なヨットを造るのがポリシーのデザイナー、とは思えませんよね。
                                   この辺りの落差、ファンクラブが出来ちゃうんですよねー。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-05-18 07:15 | ヨット | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/20716541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2014-05-18 23:49
レース成績に関係なく、楽しい一時をどうも有り難うございました。
こちらのブログにリンクを張りましたので宜しくご了承下さい。
Commented by molamola-manbow at 2014-05-20 10:13
お疲れ様でした。
来年の20回大会、盛大なものにしたいですね~。


<<   草生す山襞・江の浦の一角で...        古い商家の佇まい >>