Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 01日

  20th KENNOSUKE CUPを来年に控えて

d0007653_948288.jpgd0007653_9483579.jpg
d0007653_9462899.jpg目の前にレース海域の広がる三浦半島の突端部分にほど近い、芦名の林賢之輔邸に、昨日は大勢のヨットマンが集まった。
KENNOSUKE CUP の節目のレース(第 20 回)を来年に控え、どんなイベントにするかの話し合い。
陽もまだ高い三時過ぎから始まったミーティング、お開きは八時を回りました。
会議から直ぐ、飲み会へと移行しましたものでして・・・・・。
決定した様々の中で、早く知らせなければならないのは、記念レースの日時でしょう。
東北の海から、玄界灘から、馳せ参じる予定の遠来の皆さん、小網代沖を会場に16 日(土曜日)と決まりました。

どこもかしこもが潮っぽい林邸の二階は、ヨットの設計事務所になっている。
アメリカスカップに初チャレンジしたNIPPON チャレンジ艇もここの机から生まれた。
d0007653_9592164.jpg世界最古のヨットレース、と言うより世界最古のスポーツイベントなのがアメリカスカップです。
近代オリンピックの復活に先立つこと四十五年、W杯サッカーより七十九年も早く始まっている。
桜田門外で井伊大老が暗殺された翌年、黒船来航の二年前の開催ですもの。

そのアメリカスカップに日本が初挑戦した’90 年代に、準決勝まで駒を進めたのがNIPPON チャレンジ。
ひるまず挑戦を続けていたならば、アメリカ独占の歴史に終止符を打った、豪州、ニュージーランドの二艇の次辺りに、栄冠をつかめたかもしれなかったのに・・・・・。
膨大な建造資金のねん出とクルー養成の行き詰まりから、日本の挑戦は三回(いずれも準決勝敗退)で終わってしまいました。

                               国定公園に決まり、こちらも(⇩ ⇩)今年は記念レース(5 日)です。
d0007653_1045584.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2014-06-01 10:11 | ヨット


<<   梅雨入りを待つ野の花        堀江謙一以前に太平洋を帆船... >>