2014年 06月 11日

  ある意味、凄いでしょ!

d0007653_7374641.jpg
           「何じゃ、これ?」でしょ。
東海道線と並行して走る国道135 号線で西に向かうと、真鶴駅のロータリー入り口に屹立しております。
つまり、真鶴町のシンボルです。
銭湯の壁に描かれる富士山同様、何をイメージして造ったのかはヨ~ク判るんですけどね~。  
d0007653_812524.jpg
3,40年も前だったでしょうか、ナベズルの飛来地・鹿児島の出水(いずみ)平野ともう一か所、島根の松江に一羽の丹頂鶴が飛来して話題になった。
かつては全国何処ででも、普通に見られた渡り鳥であったことをうかがわせるニュースでした。
葛飾北斎は江戸百景に描いておりますし、平安の歌人・山部赤人も詠んでいる。
若の浦 潮満ち来れば 潟を波 葦辺をさして 鶴鳴き渡る。
島津藩の居城は『鶴丸城』と呼びますし、大分には鶴見崎がある。
京都の舞鶴市、山形の鶴岡市などなど、地名もいっぱい。
昭和の50 年代には30 匹前後まで激減してしまいましたが、懸命な保護活動が功を奏して現在では1000 羽ほどにまで回復してきている。
国鳥の雉よりも有名な鳥ですよね~。
小学生が書いてもグライダーにはならないよな~と思いつつ見上げる日々です。
町民は除幕式で、どんな反応を示したのでしょう?
[PR]

by molamola-manbow | 2014-06-11 09:11 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/20798498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   多摩川最下流の堰とウナギ        大 騒 ぎ を 起 こ し... >>