Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 29日

  今年は当たり年?

d0007653_842195.jpgd0007653_83669.jpg
初めて口にしたのはコノ時、それまでは「見たこともなかった」果実、面白い形をしている所も気に入った理由に違いない。
銀杏と同じ雌雄異株の樹木・イヌマキ(犬槙)に実る、コケシの様な形をした実、種だけを宿す頭部とラグビーボールの様な楕円形をした″果肉胴体″とが一対になった不思議な形をしているところから、『人形の実』と呼ぶ方が通り相場なのかも~の果実です。
ソイツが「今年は当たり年か~」みたいにそこここで実を付け始めました。

d0007653_8364238.jpg大きさは小振りのサクランボ程度、この色(⇦ ⇦)になると食えるようになる。
赤色から紫色へと代わって、表皮に少ばかりし皺が生じた辺りになると、もっと糖度が増しますが、好みはサクランボ色。
カチッとした歯ごたえプラス、少々頼りない甘みでしかないつややかな桃色をした若々しい実の方を好みます。
食い頃は十月の半ば過ぎ、といったところでしょうか。

色見本を兼ねて掲げた頂き物のサクランボ、久し振りに食してその甘さに仰天です。
頂き物にケチを付けるつもりはサラサラない。
ただ、、「少々甘過ぎと違うか~」が正直な感想です。
ホロ甘さが売りの果物、その頼りなさを補って余りある可愛さがウリだったのに、粒々の方もでかくなってしまいました。
果物類、総じて甘くなっちゃって、本来の味が消えてしまいましたね。
半端じゃあなかった夏ミカンのアノ酸っぱさ、何処に行っちゃったのでしょう?
[PR]

by molamola-manbow | 2014-06-29 09:14 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/20856895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   小田原城の大賀蓮      小田急線・秦野駅前の姦し樹木 >>