Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 07日

  退屈凌ぎ

d0007653_2320592.jpg
針掛かりしたキスに本コチの追い食いがあった小田原の山王海岸に、前回と同じ顔触れで竿を並べた。
まぐれの様な大物がもう一度釣れる確率、ほぼゼロに近いのに釣り人は出来るだけデカイのを狙おうとします。
五人が五人、同じ考えであったらしく、竿を二本用意しておりました。
餌を釣り上げたら、「即、キスの泳がせ釣りに移ろう」の一本です。
でも、餌が掛かってくれません。
五人の合計でキス 匹に代用餌のメゴチ1 匹だけ。
沖に浮かんでいた乗り合い船も、早々に引き返しちゃいました。

小田原の山王海岸は『投げ釣り発祥の地』ですよ。
太鼓リール(ベイトリール)の糸巻きドームを90 度回転できるように改良し、『小田原リール』と名付けたヤツで、ココ山王海岸をホームグランドとする釣り師が本格的な投げ釣りを始めました。
カサゴを主なねらい目とする岩礁地帯での根魚釣りには、いまだにお供してくれている横転リールの前身です。

その投げ釣りの‶聖地″で、キスは絶滅危惧種になちゃってます。
五人が竿を並べて150m 辺りから波打ち際までを丹念に探ったのにヒットしない。
下手くそ五人組ばかりじゃあなくて、同じように等間隔に竿を並べた皆さんの竿にも、沖の遊漁船でも、キスが掛かった様子がない。

横転リールで釣り上げていたキスは岸から5、60m 辺りまで。
スピニングリールの普及で探れる範囲は200m ほどにまで広がった。
お魚さんには住み辛い世にはなりましたが、スピニングリールの普及ぐらいで絶滅しちゃうほどヤワなお魚じゃあない。
海水温が上昇して、北に棲家を替えちゃったちゃったのだろうか?

                     海岸の石っコロ、退屈しのぎになります。

d0007653_23205154.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2014-07-07 08:48


<<    昨日は星の見えない七夕         朝顔とは違うんだろう >>