Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 15日

  こんな場所で・・・・・

d0007653_7332415.jpg
山蔭が西日をさえぎってくれる真鶴半島の付け根に開いた真鶴港の岸壁から竿を出していましたところ、こんなのが釣れました。
成魚は1m を軽く超える大型の回遊魚、名前をオオカミと替えるシマアジです。
釣り師の端くれですので、親指~人差し指間( 2 3 c m )、親指~小指間( 2 4 c m )の寸法は知ってる。
目分量よりは正確に計れ、25cm プラス数ミリのヤツでした。
頭の隅をかすった「こんな餓鬼を釣り上げていいのかな~」、0.3 秒で消えましたね。
ベラボウに旨い魚です。
「もう一匹釣り上げれば刺身二人分ぐらいにはなるだろう」
で、もう一匹釣り上げて切り上げた。

d0007653_1031048.jpg仕舞い寸法 4 0 c m 、延ばしても 2 1 0 c m にしかならない小継ぎ竿に掛かった。
東京の街をチャリンコ・クルーズ中に淡島の我楽多屋さんで見付けて、「ハゼ釣りに良さそう」と、ガイドとリールシートは取り付けたもの。
まだ出番のなかった渓流竿に来たのです。
しばらくは港に滞在するのだろうとみている。

薄っすらと紅をさした白味の美しさと甘さ。
魚の王様ですよ。
こんな思い出もまだ頭に焼き付いています。
もう一度アタックすることになりますね。

               アジ科の特徴・ゼイゴが無いなど、シマアジとは真っ赤な偽物、コイツはカンパチの子ですね。
                         早とちり、捌いていて判った(夜八時過ぎ)。

[PR]

by molamola-manbow | 2014-07-15 07:57 | 潜り・磯釣り・海


<<   うちわ        梅雨の晴れ間 >>