Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 06日

  イガグリ君

[#IMAGE|d0007653_8315389.jpg|201408/05/53/|mid|700|471鮮やかな緑、たった一日で退色しちまいました。
しかし、落ちているのを拾い上げるのが先だったのか、落ちる前を仰ぎ見るのが先だったのかの前日は、もっともっと美しかった。
たわわに実るイガの玉を眺めつつ、芽吹いたばかりの若葉を覆い隠す勢いで樹冠を覆い始めた細長い紐状の花の頃を思う。
独特の匂いをまき散らしつつ垂れ下がる花、つい先日までそこここで見慣れた光景だった気がしまして。
もうこんなに成長しているなんて、思いもよらなかった。

仰ぎ見た栗の木、それはもうビッシリのイガの配列でしたが・・・・・。
花の季節の細長い紐状の花の付き具合(⇩ ⇩)と、イガの付き具合が異なるように見えて仕方がない。
イガ同士の大きな塊が枝先に出来る感じの花でしょ
説明は難しいけど、イガグリ君の付き具合、かなり違う様に見えるんだよな~。
d0007653_11311774.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2014-08-06 11:50 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/20978251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   かれこれ10回は見てる        生き長らえて御座ったか >>