Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 26日

  久々のBone-Carving

d0007653_1004546.jpg
「自らの手で削りだした骨製釣り針で、魚を釣り上げてみたい!
そんな願望がありまして、何度か挑戦したものの、まだ一匹も釣り上げていない。
d0007653_10314353.jpgハワイの言葉で『Hei matau 』と呼ぶ釣り針作りに精をだしている。

クジラの骨とか象牙とか、サメの牙などを材料にしたBone Carving の真似事です。
道具はヤスリと一本の糸鋸だけですから、結構な根気が必要ですが、狩猟採取民族の我等の祖先達は、ギザギザの貝殻などを使って削り出し、釣り針を作ってたんだ。
比べてヤスリは良く削れます。
文句など言っちゃあご先祖様に申し訳ないから、「面倒だな~」は心の中だけにしての作業です。

d0007653_103538100.jpg久々の釣り針作り、その切っ掛けは長崎からの「今度、玄界灘クルーズをやるだよ~」の連絡でした。
本マグロの餓鬼んちょ、およそ50 センチの"メジを釣り上げたことのある海からの誘い。
「今度こそ、願望成就だ」と燃えた訳です。
一応、釣り針の形までは仕上げた。
材料は象牙の端材、格好良く、細身に仕上げちゃうと強度が心配になりますので、ほぼこの形の無骨な釣り針になるでしょう。
まだ、多少は手を加えますけど・・・・・。

ヨットのスタンから、トンボとか、飛行機と呼んでいる潜航版を付けて流すケンケン釣り。
釣針にはシロサバフグの皮で作ったヒラヒラを付けます。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-08-26 10:37 | ホビー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21049769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   MILKOMEDA        真鶴のMANA >>