Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 25日

  太陽のぬくもり

d0007653_735438.jpg
接写を試みてもカマを振り上げて威嚇するでもなく、逃げるでもなく、ただただ石垣に降り注ぐ太陽のぬくもりに身を委ねておいでです。
『啓蟄』とか『閉蟄』のことばが有るのだから、地中深くに潜って冬をやり過ごす成虫もいるのでしょうが、昆虫たちの多くは間もなく短い一生を終えて死んで行く。
d0007653_8163624.jpg邪魔をしちゃあ悪いんで、たった一度シャッターを押しただけで退散しました。
威風堂々のコイツ、何処かに卵塊はぶら下げたに違いない。

「いまだ盛期かよ」みたいな咲き方をしているヒルガオ?に首を突っ込んでいるコイツの右羽根も痛々しい。
そこここの闇に向かって、「ウルセ~ッ」と怒鳴りつけたかった虫たちの大騒ぎも、随分静かになってきて、今年の冬は早そうです。

   こおろぎの ころころひとり わらいかな

小林一茶の句です。
「笑いと受け止めていいのかな~?」はともかく、密かな コ ロ コ ロ は昨夜も聞こえた。
今日もイ~イお天気です。
昆虫たちの日向ぼっこ、また出合えるかもね。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-10-25 08:27 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21240217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   獲らぬ狸の・・・・・        あああ >>