Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 04日

きのこのシチュー その2

冷蔵庫を開けると、バターが切れておりました。
二日遅れのシチュー作りに掛かろうと、腕まくりして台所に立った文化の日の出来事で御座います。
スーパーの陳列棚には、レンガのブロックをふた回りほど小さくしたような、国内外のバターがズラリと並んでおります。
その数多くの"レンガ・ブロック"を見回して、わたしの手は何の躊躇もなく雪印バターに伸びたんです。
d0007653_90519.jpg雪印乳業が食中毒事件を起こしたのは2000年の夏でした。
輸入牛を国産牛と偽って、保証金を騙し取るという更なる悪行を、今度は雪印食品がしでかしました。
BSE(狂牛病)の恐怖が大きく取り沙汰されるようになった2002年のことです。
仏領ポリネシア・ツアモツ諸島のムルロア環礁で行った核実験に抗議、96年以来フランス産ワインの不買運動を続けて、ヨーロッパの大国に"多大な打撃を与えている"私ですから、もちろん雪印製品も不買運動継続中です。
手の中の雪印バターを眺めながら、苦笑いを禁じ得ませんでした。
文化の日の出来事でしたから、少し文化的に書くなら、これ、母系文化ですね。
バター、チーズ等の乳製品は雪印。
マヨネーズはキューピー。
トマトの水煮、ケチャップ、ジュースはカゴメ。
チョコレートは明治。
ソースはブルドック。
最後に挙げたソースだけは、いろいろぐらついておりますけれど、その他はみ~んな母親から継承して使い続け、決して浮気をしない食品の数々です。
母の力、たいしたものですねえ。
雪印の不行跡のお陰で、乳製品だけは"決め"が無くなっています。
そんな訳で、『きのことスネ肉のシチュー』には、小岩井バターが入りました。
[PR]

by molamola-manbow | 2005-11-04 13:27 | ホビー


<< 天下無敵の晴れ男!      ピーラッカとは希薄な縁? >>