Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 05日

  海上に出られずの一日

d0007653_10174468.jpg日本列島に10 本もの縦縞(等圧線)模様が掛かったのは1~2 日の事(⇦ ⇦)でした。
気圧の谷を20hp 毎に分けた線、北では吹雪、南では烈風が吹き荒れる日が続いた。
昨日は「もう収まるだろう」の予想で、この三人組と一緒に江の島からヨットを出す予定でいたのですが、何のなんの、まだ風速19 メートル越え。
ハーバー事務所には『出港禁止令』が出ていて海には漁船一艘の姿さえ無かった。
何をしてきたのか。
陸揚げ保管のOmoo を海面に降してビジターポンツーン(浮桟橋)に移した係留ヨットの上で、寒いさむいヨット教室の開催です。
背景に映り込んだ『やまゆり』、オイラの最初のクルーザー体験艇です。

d0007653_10392280.jpg

長崎に嫁いだHINANO (Hayashi-42ft-origina)の里帰りまで半年あまり。
来年五月のKENNOSUKE CUPに長躯参戦を決めて「東京のクルーに支援をお願いしたい」と頼まれております。
長崎から船を運んで来てレースに参戦し、再び長崎へ。
お仕事をなさっておいでのクルーに、こんなことは到底出来ません。
ほぼ一か月もの長期休暇が必要ですもの。
で、かつてのHINANOクルーで行き帰りの支援をすることに決めましたが、長崎から「是非レース・クルーをお願いしたい」と言ってきた。
長崎でのデビュー戦となったハウステンボス杯で、HINANOはスピンネーカーをクジラのスピンからジェノア(逆だったかな?)へと揚げ替え、六十艇抜きの離れ業を演じた。
東京のクルー、レース中にスピネーカーを揚げ替える作業なんてやったことがありません。
そればかりかスピン走行でさえ指折り数えても五指にも満たない。
アタフタした挙句に、スピンを流しちゃうとか、雪だるまのような提灯にしちゃうとか・・・・・。
そんなことでレースを台無しにしちゃうのはご免です。
と言う訳で、先月から始まったヨット教室、海には出られませんでしたが寒風の中で一からのおさらいです。
小田急線の片瀬江ノ島駅に一番近い行きつけの食堂、女将さん曰くの「カツ丼の頭しかないよ~」をツマミの二次会で〆。
今月はもう一回、寒風教室を開きます。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-12-05 10:51 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21364485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   零余子飯不発        退屈凌ぎに毎日観察   >>