Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 14日

  一尾で満足するのですが・・・・・  

d0007653_2015334.jpg象牙の端材を削ったお手製の釣り針でお魚を狙い始めたのは、この時が最初でした。
二年間ほど、乗艇する度にヨットのスターン(お尻)から骨針を流し続けた。
西海を彷徨い薩摩半島の西に浮かぶ甑島までクルーズしてきた今初秋も、久し振りに釣り針作りから始めてまた流した。
この西海での流しっ放し七日間を含めて、骨角釣り針りによる獲物はゼロ、つまり、まだ一匹も骨角釣り針では掛けたことが無いってことです。
すぐそばに世界でも有数の漁場・玄界灘を控え、外海は東シナ海へと続く海域は、関東の海と違った。
そこら中が定置網で埋め尽くされている東国と異なり、海はいにしえのまま。
九州の西海岸を七日間クルーズして、定置網を視認したのは一か所だけでしたもの。
骨角針とは逆、反対側スターンから流した通常のケンケンには、
こんな獲物(⇨ ⇨)も掛かったのです。

目のコマイ網で稚魚のうちからゼ~ンブすくい獲っちゃう海と、豊穣の海の違い。
その豊穣の海でも釣れなかったことを思って、骨角釣り針による一匹ゲット、情熱が失せかけていたのですがあ・・・・・。
一本のmail でまたムラムラッと。
どの様な手法を使ったのか。
大晦日の「座席を確保したよ~」のmail 、小型飛行機しか離着陸できない調布飛行場~神津島の座席を、人数分( 席)ゲットしたとの知らせでした。
「島に出掛けて磯に出ないで桟橋釣りかよ 」の桟橋で竿を振るう予定。
d0007653_1047591.jpg軽蔑されかねませんが、「島の釣り場のNO1 は桟橋」という、正反対の言葉も御座います。
しかも、佇まいがとっても良かったのが神津島の桟橋でしたし・・・・・。
コンナのしか釣れず、オイラはボウズでしたけども。

その桟橋の佇まいを思い描き、回遊魚が寄りそうだ、砂浜には大型ヒラメの実績も豊富らしい。
その様に考えて、「小魚の泳がせ釣りに挑戦してみてはどうだろう」から、更に考えは飛躍した。
「陸上から骨角釣り針を投げ込んでやろう
今までのケンケン釣りの針、巨大過ぎましたから、石鯛針の18 号(写真の針は14 号)程度まで小さくした試作品の第一号(➡ ➡)。
「こんな形じゃあ刺さらないぞ」みたいな内向きの針先とは異なる形、あと三本ほどを用意するつもりです。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-12-14 10:55 | ホビー


<<   定番麺とペヤング        ガリレオ・ガリレイの気分? >>