Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 24日

  Coffeeのマタイ

所々に染みの浮き出たこの袋は、珈琲産出国からやって来る一袋60 キロ入りのcoffee beans入れ、生豆袋です。
漢字で書くと『珈琲麻袋(マタイ)』、産出国によっては80 キロ入りを使う国もあって、トラックで到着したコイツを焙煎工場の片隅にうず高く積み上げる仕事がサラリーマン一年生の最初の仕事でした。
勤め先は横浜に工場を持つCoffer 豆の降し問屋、▼サントス(ブラジル)▼コロンビア▼コナ(ハワイ)▼ジャワ▼キリマンジャロ(タンザニア)などなど、味と特徴を覚え込むために己で淹れて、日々10 杯以上は飲んでましたし、焙煎までを手掛けるようになっていた。
仕事を覚えるための工場勤めで上層部と衝突し、たった一年で辞めちゃうのですが・・・・・。
d0007653_10271374.jpg
今に至るcoffee 好きは、この一年間が大きかったと思っています。
現在はともかく、ブレンドされている豆の種類までを香りと味で当てられるようになっていた。
ブレンド比率までをピタリ、とは行きませんでしたが・・・・・。

写真の汚らしい豆袋、マタイの日々の定位置は風呂場の真ん前です。
麻を編んだ袋、麻が吸水性能に優れている訳ではありませんが、濡れた脚で降り立つと何とも身持ちの良い足拭き、必需品です。
そのベランダで揺れている洗い晒しの麻袋を眺めつつ、「そういえばコイツで上着を作ったらどうだろう?」と考えたことを思い出していた。
それぞれのマタイには産出国毎にデッカイ印が押してあって、羽織って歩くには抵抗のあるヤツも多いのですが、中には洗い続けるうちにいい雰囲気になりそうなデザインもあります。
そんなので夏用のジャンバーを作ったら、涼しくて、ONLY ONE の上着ができるぞ
かすれた文字も、いい味に替わるんじゃあないかと。
この年になっちゃあ、着られませんが、何たって二十歳そこそこでしたからね。
副業にマタイ・ジャンパー屋が開けるほどに、豆袋種々が転がってましたもので。
[PR]

by molamola-manbow | 2014-12-24 10:33 | ホビー


<<   初釣り準備        冬  至 >>