Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 06日

  暇を持て余して・・・・・

箱根の温泉街が白一色に化粧した昨日、真鶴の町にも雪は舞った。
同じ足柄郡の雪景色を知り、外に出て周辺の山を見渡してみましたが、標高差にして200m と変わらないコチラ真鶴の山々は変化なしです。
その雪もすぐにミゾレ⇨ 雨へと変わった一日、暇を持て余して本棚から細谷角次郎の『貝類図絵』を抜き出した。
真鶴岬の突端にある『遠藤貝類博物館』発刊の書、ともに故人となられましたが、〝秋谷の仙人″などと呼ばれた貝の収集家・細谷角次郎の細密画を、博物館の遠藤晴雄館長が貰い受け、「師の功績を広く世間に知ってもらいたい」と発刊した書です。

地球上を我が物顔でのし歩いた恐竜の時代は 千年前辺り。
その遥か前、アンモナイト類が繁栄したのは5 千年ゴロです。

d0007653_12103585.jpg
ページをめくりながら、考えちゃいました。
「地球上で一番長生きしている生き物はコイツらなんだ~」。
タイの西側、〝アンダマン海の真珠″などと呼ばれるシュミラン諸島でダイビングをした際です。
プーケットの夜市で買ったオウム貝がひとつ、棚に転がっているものでして、「姿形さえアンモナイトと変わっていね~」

貝の知識は巻貝と二枚貝、「この二つに分けられるのだろう」ぐらいでしかなかったのに▼ 腹足類▼ 斧足類▼ 頭足類▼ 多殻類▼ 掘足類▼ 無殻類▼ 単殻類と八つに細分類されるんですね。
腹足類とは巻貝の仲間で、斧足類が二枚貝、イカやタコまで貝類に含まれ、こちらは頭足類に入るらしい。
アンモナイト、オウム貝の仲間が殻を脱ぎ捨てた姿がタコやイカ。
陸生の貝、カタツムリが殻を退化させたのがナメクジ(ともに腹足類)。
通常はイカもタコもナメクジも、軟体動物に分類されてますが、貝の仲間であったとは・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2015-02-06 12:21 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21535247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 浪速の仙人 at 2015-02-07 00:49 x
blog・・・よく続いてますね^^
内容も良い^0^
楽しんでいます。
Commented by molamola-manbow at 2015-02-08 09:39
日記のつもりで綴っております。
小学校の夏の宿題、絵日記も完成できなかったのですが・・・・・。
写真を写して、キャプションをつける。
ただそれだけのつもりでおります。


<<   お買い物        立 春 >>